道端のひろいもの

ヤンゴン市街地ぷらぷら

f0032442_16555100.jpg

【2011年10月下旬/ミャンマー/ヤンゴン】
じゃーん。THE ミャンマー。
f0032442_16543621.jpg

スーレーパヤーの周りにあった建物で真っ白ってのも珍しいんだけど、なんだったかよくわからないまま。これがイギリス植民地時代の名残なのか…?

さて。今日はまず両替です。空港はレートが市街地の1/10ほどで(2011年当時)、旅人が両替をするのは市街地のホテルかマーケット…と相場は決まっていました。当時はまだ銀行というものがなかったようです…確実に「ない」のか旅行者には「使えない」のかよくわかりませんでしたが……
f0032442_16545124.jpg

ヤンゴンの狭い路地は植民地時代に区画整理されたため。よく見たらアジアじゃないっぽい造りしてる。

JOYちゃんとボーヂョーアウンサンマーケットへ~
ここでもJOYの本領発揮。こんなに両替への執念は初めて見た、って両替屋がいうくらい…旅初心者のわたしとしてはとてもありがたかった。おんぶにだっこ( ;∀;)

両替が終わったら駅へ!山手線のようにぐるっと一周する環状線に乗ることに!
出発前の日本で聞いてて乗ってみたかったのだ~~
f0032442_17155954.jpg

ミャンマーの民族衣装・ロンジー。男性も女性もスカートのように布を巻いてます。暑いから通気性いいんだろーな。
マーケットの裏手にちっこい駅があるのでそこから乗ります。…外国人だ!っていう反応がおもしろい…なかなか来ないんだろうな。駅名もわからないし、歩き方にも書いてないし。
駅では外国人ってことでパスポートの提示と許可証みたいなものを発行。
f0032442_1655450.jpg

f0032442_16543193.jpg

f0032442_1704043.jpg

乗り出して写真撮るJOY。ドアという気の利いたものはない。
f0032442_16594757.jpg

恥ずかしそうに笑って写真撮らせてくれた。
f0032442_170712.jpg

噛みタバコ売り。シャイやったな~
葉っぱやら石灰やら混ぜたもので、これやってる人は口のなか真っ赤になる…歯抜けで笑われるとかなりの衝撃を受ける。
f0032442_16593159.jpg

これで2時間半くらいかけて一周する…これまだスカスカだけど駅によっては窓からでも人とモノが飛び込んできて、席確保にみんな命かけてる…。一度駅につくころに窓から顔出して外を見てたらホームの美人さんが「顔を引っ込めて、危ない」と身振り手振りで教えてくれた。直後、マジでモノが飛んできた。
f0032442_170893.jpg

一周し終わって市場の散策。JOYの好奇心はすごい。HOWMUCHとディスカウント攻め……見習わないとなぁ…ってとことそこまでしなくても!ってのが同時に…。
f0032442_16542289.jpg

食材撮るのもどこまで踏み込んでいいのかわからずわたしはまだ躊躇するんだけどJOYはなんでも撮っちゃう。
f0032442_16575754.jpg

道端で初ミャンマー飯。名物のミャンマーカレー。ものすごく脂っこい!
明日から遠出なのでお腹下すわけにいかないんすけど。。
美味しかった…かな??たぶんまだ緊張のあまり味を覚えてない。

オチがないけどこれにてミャンマー初日終了。
この辺はまだテンパってて日記には物価ばかりで記録がないのであった……。



*ランキング参加してます。押していただけると励みになります~(´∀`*)<いつもぽちぽちありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ にほんブログ村 海外旅行
[PR]
# by hina-store | 2014-07-31 17:30 | 旅note

空港から市街へゴーゴー

とくにタイトルが浮かばない……。

【2011年10月下旬/ミャンマー/ヤンゴン】
同じ便に乗ってた中国人ひとり旅のJOYちゃんとタクシーをシェアして中心部まで向かうことに。
歩き方に乗ってたよーに中心部までのタクシー代はおおよそUS7ドル。まぁふたりで7ドル半分こなら安いけどだいたい本より現地では1ドル増しくらいだから…
とか考えたんですけど。
インド超大好きベテランパッカーJOYは、ここで「中心部まで4ドルで行ってくれる人~!」とかなりの無茶ぶりを!!
ひとり4ドルじゃないです。もちろん1台4ドル。あまりの値切りっぷりに運ちゃんがさーーーーっとひいてきました。こ、こんなに買い手市場なのに一瞬にして引かした!!!( ゚Д゚)
空港の外に並んでるタクシーに向かっても叫びます。しかし反応は「そーりゃー無理だ―!!」
そのなかで気の弱そう人のいい兄ちゃんがいいよと言ってくれ交渉成立。
さっきまで8ドルくらいでいけたらいーなーと思ってたのに街まで4ドル…!
申し訳なさと嬉しさでないまぜに。

タクシーは日本車でした。Toyotaだよ!っていってくれる運ちゃんとっても嬉しい。
ただ、年季がすさまじくて後部座席の足元から地面が見えました。
これ、途中でずぼっと落ちないだろうな…。

しかも運転が超荒々しい。
道幅はわりと広いんだけど車線が見えづらいというか消えてるというか…そのなかを爆走するわけでかなり恐かったです。だってメーター見ても壊れてるから何キロ出てるかわからないし!アジアの洗礼!!!
初めての国……歩いてる人々、追い抜く車、詰め込まれたバス、街灯の少なさ、貧富の差がはっきり分かる高級車……車窓からの風景を緊張しながら見つめてました。

f0032442_15102662.jpg

街の中心部の目印「スーレー・パヤー」。迷ったらとりあえずスーレー・パヤーっていっときゃ着く。

f0032442_1571050.jpg

画質がiPhoneなので見づらくてしゃーないんだけど。夜のたまり場、商店・雑貨屋のテレビの前です。
サッカーの試合を流してて子どもも大人も釘づけでした。たぶんテレビ自体がまだ高級品でこうして店前に集合するんですな~

真っ暗です。
飛行機からちらっと見えたように街中真っ暗。街灯なんてものがあんまり存在せず、こういう光り輝くパヤー(仏塔)の光によって街が照らされているようです。
JOYと重い荷物持って宿さがし。わたし泊まれればもうなんでも良かったんですけど彼女の値段へのあくなき追求は……これぞパッカーですな。と感心しました。
なんだかんだ2キロくらい行ったり来たりして、歩き方にも載ってるゴールデンスマイルインってところに宿泊。
その間、道行くミャンマー人に「どこ行きたいの?ホテル探してるの??」と本当に親切心だけで話しかけられました。地元人は泊まるわけじゃないから相場をよく知らなくて。でもあっちにあるよーとか、知らなかったら周りの人を呼び寄せみんなで談義。
まぁ、議論が進まないので時間の無駄といえば無駄なんだけど。国外からきた客に親切にしなきゃ!っていうのは仏教や文化が創り出したミャンマーのお国柄みたいです。

まっすぐ直線距離すらきつくて1キロ1ドルって交渉してタクシーに乗ったりしたな。そういや。
JOYの行動力に初日から圧倒されまくり。
そんな彼女から勉強させられることも多々ありました!
宿もなんとか見つかり(もちろんJOYちゃんがきっちり値切って)、次の日は市内観光と旅人のお仕事・両替です!



*ランキング参加してます。押していただけると励みになります~(´∀`*)<いつもぽちぽちありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ にほんブログ村 海外旅行
[PR]
# by hina-store | 2014-06-27 15:32 | 旅note

降り立つ!

【2011年10月下旬/マレーシア~ミャンマー】
さて。ミャンマー……といいたいとこですが。
まずミャンマーへ行くためのマレーシア国際空港へ向かいます。そこからです。
来た時に利用したLCCの空港だし、エアアジアの専用直行バスもちゃんと取ってるしぬかりはないのだ!

ただ渋滞するから!はやく乗らないとね~~
と、マレーシア慣れた感を醸し出してたんですけど。そもそも飛行機搭乗レベルはまだ果てしなく低かったんですねわたくし。

まず搭乗カウンターを見つけだせませんでした。「エアアジア」「ヤンゴン」「ミャンマー」やらの文字を探そうにもどうも…看板とか…サインとか…そういうものがないんすよね。お急ぎください!みたいなアナウンスもないんすよね。。で、なんとかそれっぽいところに並ぶも…発車時刻1時間前……1時間前ってわりとやばくないか?ふつう30分前にはチェックイン終わらせよう…じゃなかったっけ?
わたしが並んだ待機列はどう見ても30分でカウンターへたどり着ける長さではありません…。
会話力に自信はないけど恐る恐る前に並んでる外国人に「あなたいつ出発?(的なニュアンスで)」と話しかけると私より1時間以上も先の便でした。
わたしやべーのか?とチケット見せると「OH!!!」というわかりやすいリアクション!!
「君はこんな列に並んでないで早くカウンターのスタッフのところへ行くべきだ!」という指示をもらい(注:何度も言うが英語がわからないので相手の表情と動作で意思を汲んでます)、カウンターへ…

無愛想なマレーシア人の慌てるさまを初めて見ました。

番号を叫ばれ急いで指さすほうへ走らされます、が、こちとら慣れない10キロの重さで走ることはままならず、何番ゲートかもよくわからないまま滑り込みました。
本来預け荷物必至のはずの我がバックパック……スプレー缶、はさみ、ライター、液体200ml以上etc..詰め込んだまま搭乗ゲートをくぐりました。そう。荷物背負ったまま、乗り込み……

ど、どんだけギリギリじゃったの我は……

タラットを歩いて乗り込むときには順番待ちに追いついたのでまぁほぼ定刻で離陸。隣の席のミャンマー人が直前まで携帯電話で話してたり(CAさんに怒鳴られてやっとオフに)、その後盛大に吐きつづけるなど機内でもいろいろあったけど無事到着~~。

窓からちらっと見えた眼下のヤンゴンは、思った以上に真っ暗でした。
これが…一国の…実質首都…?
ヤンゴン国際空港はところどころまだ作りかけで新しく、地方都市の空港のように小さめ。

f0032442_17165727.jpg

お出迎えの人々であふれかえる。

あーついに来たんだ……イメージのアジアに…。

とゆーことで今度こそミャンマー編に入ります……。
ではまた。


*ランキング参加してます。押していただけると励みになります~(´∀`*)<いつもぽちぽちありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ にほんブログ村 海外旅行
[PR]
# by hina-store | 2014-06-17 19:20 | 旅note

【閑話休題】このブログには時差があります

f0032442_23352032.jpg

ミャンマー編に入る前に。

旅から帰国して約2年になります。
資金的に世界一周は無理だろうけど、大陸横断できたらいーなぁ…と思ってましたが……いやはやポルトガルは遠かった。
結末はまたブログでまとめますが、10月から翌年6月まで約8か月の旅でした。
日本に戻ってからはゆるーい旅とは正反対の電磁波に囲まれた環境で働いてます…田舎の地元です。
よもや…10年後にこうして戻ってるとは思わなかった。人生とはわからんのぅ…

わたしは旅にはPCを持っていかず、ちょびちょび上げていたのもすべてiPhoneのアプリからでした。そのアプリが下書きを大量に残したまま不具合を起こして(#^ω^)からはメールで更新してましたが、メール更新は写真一枚しかあがらず、指先ほども残ってなかったやる気はまったくなくなってしまったのでした~

というのも。日常茶飯事なことも旅中では大事だったりして。
そのつどiPhoneとにらめっこするには時間がもったいなく、そうしてせっかくの世界旅行を取りこぼすよりは帰国してまとめよーーーと思ったのでした。

しかし帰国して2年経つのにまだまだ1割も終わってないとは。死ぬまでに終わる気がしない……
そしてこの後デジカメ内の画像が吹っ飛ぶこと3回、これからのミャンマー編もiPhoneに残されたわずかな写真のみで記憶を呼び起こすのです…ナンテコッタ。

そんなわけで。
このブログには時差があります。
速さが命の「情報」といったものは期待しないでください…!!もともとされてないとは思ってるけど!!

20代後半の女がひとりでふらふらアジアを旅した備忘録。
これからものんびりお付き合いくださいませ。



*ランキング参加してます。押していただけると励みになります~(´∀`*)<いつもぽちぽちありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ にほんブログ村 海外旅行
[PR]
# by hina-store | 2014-05-27 23:37

ばいばいマレーシア

f0032442_23422528.jpg

【2011年10月下旬/マレーシア/クアラルンプール】
クアラルンプールへ戻ってきてバードネス帰ってきて、カメラの一件以来ドミ恐怖症になったわたしは迷わず個室を希望したのですが、なんと満室。女性同士だからいいでしょ~?とすぐさまドミ行……

なるべく、今後、ケチらない、ドミやめる。の決意むなしく一日で崩れ去った…。

ただ、同室のイタリア人女性はとっても明るくいい人で、互いに英語が苦手なためちゃんぽん言語でお茶したりご飯したりしました。上の写真は夜のヒンドゥー寺院に見学へいったとこ。

ミャンマービザも無事ゲットできて、もうそろそろ次の国へ行くお時間です。
離れがたいといえば…Sさん一家。戻ってきたらまだバードネスにいらっしゃったので娘さんと思いっきり遊んだりした。うへへかわいい。

最後にSさんの旦那さんにタロット占いしてもらい、まさかの結果を引き当てて戦慄しました……普段占いをまったく信じないからこそ、自分で引き当てた絵柄にびっくりしたのです…。その結果から説明をいただき今後の旅がますます楽しみになりました。まぁ…占い内容はざっくりと…今の人生。でかいでかすぎる。
今からでもワーホリに行ったほうがいいのか?という迷いならぬ人からの影響を多大に受けつつ「いまオーストラリアに行くのはアリだよ」と言われさらに迷う…。
けど、「いまはジャンプして飛び越えてきた段階。いろんなやりたいこと、やらなきゃいけないことにひっぱられて出来てない。目の前のことを先延ばしにせず、そのうち要らないものが見えてきて自分だけのものがつかめるよ。そのための冒険は必要だし、これからミャンマーに行くのはとてもいいチャンスかな」と言われ、よし。やっぱり当初の予定通りミャンマーにいくことにしました。いや、もうビザも航空券も取ってるんだけどさ。

私が旅に出た理由はたくさんあるようでないんだけど、そのうちの一つに「自分だけの何かが欲しい」っていう子供みたいな理由があって。
未だに自分を確立できていないというか、ただ自信がないだけというか。自分が「幸せだ」と感じればこういう焦燥感はなくなるものだと、旅を終えた今でこそ理解できるんだけど、それもまた理解と実行は難しくって。
旅をはじめた当初はとても「自分だけの何か」に飢えていたのです。

その「何か」は、夢でも人でも物でもなんでもいいんですけど。
未だ見つかっていないのでした。


長いようで短かったマレーシア滞在もこれでおしまい。
旅はミャンマーへと続きます。




*ランキング参加してます。押していただけると励みになります~(´∀`*)<いつもぽちぽちありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ にほんブログ村 海外旅行
[PR]
# by hina-store | 2014-02-04 03:33 | 旅note